除籍謄本について
除籍謄本、戸籍謄本取り寄せ、原戸籍による法定相続人の調査から、遺産相続手続きの情報 除籍謄本、戸籍謄本取り寄せ、原戸籍、法定相続人、遺産相続手続きのリンク集 sitemap

除籍謄本について

戸籍謄本について

原戸籍について

法定相続人について
相続人の調査について

遺産相続について

遺産相続の手続きについて

遺言書の検認について



除籍謄本について


除籍謄本は、役所に保管されている戸籍の1つですが、除籍謄本自体には、除籍という印が押されているので、すぐにわかると思います。遺産相続の各手続きにおいても、この故人の除籍謄本というのは必須の書面となり、提出しなければなりません。また、手続きでも提出すべき書類の1つに、被相続人の除籍謄本という記載があるところも多いと思います。


配偶者と2人だけの戸籍で、配偶者の内どちらかが被相続人として死亡したことが記載された戸籍は、除籍謄本にはなりません。なぜなら、配偶者が生存しているから、その戸籍はまだ戸籍謄本のままなのです。ただ、被相続人個人については、除籍されます。つまり、被相続人の記載欄に死亡の事実と年月日が記載され、被相続人の名前に×が記載されるのです。

除籍謄本、戸籍謄本取り寄せ、原戸籍による法定相続人の調査から、遺産相続手続きの情報

除籍謄本、戸籍謄本取り寄せ、原戸籍、法定相続人、遺産相続手続きのリンク集

sitemap    免責事項

除籍謄本について

戸籍謄本について

原戸籍について

法定相続人について
相続人の調査について

遺産相続について

遺産相続の手続きについて

遺言書の検認について
除籍謄本、戸籍謄本取り寄せ、原戸籍による法定相続人の調査から、検認や遺産相続手続きの情報
Copyright 2010-2011 ALL Right Reserved
inserted by FC2 system